イタリアのチョコレート。

久しぶりに会った友達から、イタリア製のチョコレートをもらいました。

カファレル…って言うメーカー?ブランド?のチョコレートです。

いろんな形のチョコレートがカゴに一つずつ入っていて、すごく、美味しそう。

上等の、そんな輸入物のチョコレートはなかなか食べられない私はドキドキ、パッケージ開ける前に写真撮って(どこにも載せないのにね。www)パッケージ開けて写真撮って…お皿に並べて写真撮って…。

もう、心の中では大騒ぎだったんです。

でも、でも、その大騒ぎがまずかった…。

チョコの写真を撮っているところを、お昼寝から起きてきた息子に見つかってしまった…。

息子「あ、おいしそうなチョコレート、これどうしたの?」
母「あっ、はっ、あの…友達にもらったんだけど…」
息子「食べていい???」
母「(えーーーーっ…お母さんまだ一つも食べてないのに?)う…うん、いいよ…。」

悲しいかな、母親の宿命です…。

なんとなく食べて欲しくないオーラを感じたのか、息子は一つだけしか食べませんでした。

本当はもっと食べていいよって、言ってあげられたらよかったんですけど、私も食いしん坊なので…正直な感情がオーラにでちゃったんでしょうか。

息子が自分の部屋に戻ってから、私も一つ食べてみました。

お、お、お、おいしーーーーーい。感激。

ちょっと柔らかめで、しっかり甘くて、濃厚なミルクチョコって感じです。
形が全部違うってことは、全部違う味なのかな…。

息子が食べたやつはどんな味だったんだろうwwww

部屋まで追いかけて行って「どんな味だった??ねぇねぇ???」って聞こうかなと思ったんですが、きっとウザがられるので、これは諦めました。

旦那が帰ってきたら、一つだけ(しぶしぶ)あげて、残りは全部私が食べる。…ことができたらいいな?。

…という、主婦の儚い希望でした?。